商品紹介

IoT AI

IoT AIに関わる商品やサービス、事例をご紹介します。

 

 

HORUS AI(ホルス エーアイ) 目視検査・画像検査専用AI

HORUS AIは、目視検査を人工知能で実現します。工場での検品、医療画像の解析で普及が進んでいます。

検査画像をユーザー自身が人工知能を使って学習させる事により、技能の継承や検査コストの削減が実現できる自動画像検査システムです。
HORUS AIの導入によって、「人に頼った検査」の必要がなくなります。

これによって人件費や目視スキルを持つ人材育成のコストが削減でき、データに基づいた判断が可能になるため、再現性が担保できるようになります。

HORUS AIにより、専門家にしか調整ができない、システムが複雑になるといった従来の自動検査システムの課題を克服しています。
人の代わりにAIが判断を行う、システムを単純化できる、これらがHORUS AIの特長です。

HORUS AI Webサイト (horus-ai.com)

 

 

SEE GAUGE(シーゲージ) 予兆制御AIで施設管理

See Gauge

SEE GAUGEは、施設管理業務において遠隔保守・予兆保守と強化学習を組み合わせた「予兆制御」を実現し、施設管理コストを削減します。アドダイスが独自開発した深層学習技術により、従来予測することが難しかった突発的な機器の故障予知が可能になり、兆しに基づく制御が可能になります。
温度、湿度、重量、音声、振動を統合して検知したデータをもとにAIが推論を行い、実際に起こった現象との差異を学習し故障を予知します。
不測の故障を人工知能が予測し、機器の状態をリモートから見える化することによって施設管理全体の省力化を実現します。

人の操作を学習し通常時のオペレーションをAIによる管理に置き換えます。人口減少時代の心強い味方です。

 

Bee Sensing(ビーセンシング) 養蜂向けIoT AI


巣箱に設置されたSoLoMoNデバイスが取得した温度や湿度に関するデータをスマートフォンを通して確認する事で、これまで現場に行かなければわからなかった状態の推測が可能になり、巣箱確認時間を短縮することで業務の効率化を促進します。また、管理項目のチェックリスト化により蜂群管理の品質が向上します。
取得したデータと、並行して入力した作業履歴の内容を融合し、様々な状況への対応を学習させることで、AIは知識を蓄積していきます。管理者から学び、管理対象から学び、継続的に生産性が高まるナレッジをAIに蓄積し、管理アプリを通して人にフィードバックしていくことで、より効率的に高い水準の業務を遂行することができるようになります。